働き方について考える ~思考・教育変革の必要性~

4働き方を考える1

 

こんにちは、バルーンです。

情報商材業界にはびこる詐欺師達を撲滅するため、

日々格闘しています。

 

最近雨が多いですね。一気に秋の気配になってきました。

先月初頭のあの暑さが嘘みたいです。

株みたいに、最近天候の変動が急激ですよね。

野菜の価格も上がっているようで、

天候デリバティブとかますます重要な要素に

なってきてるのではないでしょうか。

 

昨今は株の値下がりが激しいですね。

相当泣いてる方もたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

さて、恒例のシリーズですが、また前回と同様、

NHKスペシャルとタイミングが重なってしまいました。

 

働き方について考える ~老後危機と副業~

http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586704/index.html

 

なんか周期が合ってしまっていますが、

ホント、暗い、辛い話ですよね・・・。

 

ここで最初に出た80歳のご年配の方は、

元々年金95,000円+生活保護費だけの生活です。

 

それに加えて無職になった45歳の息子さんが同居し、

余計生活が苦しくなっています。

 

4働き方を考える2

 

勤労世代の子供との同居で、

同居すると生活保護費の支給が廃止になってしまうのです。

 

老後は子供に面倒見てもらう、

といったついこの間まで当たり前に提唱されていたライフスタイルは

一体なんだったんでしょう・・・。

 

別例では、親子が共倒れで自宅で亡くなっています。

親の面倒を見ていた息子さんがまず倒れて亡くなり、

息子さんの名前を叫び続けた母親が凍死。

 

あまりにも悲惨な、辛い辛い現実です。

 

この問題はいろんな原因が複雑に絡んでいるでしょうから、

私如きがあれやこれや言えるものではないです。

 

上述したような親との同居の場合の

生活保護費の支給に関して、

制度の改定は、国が何とかしなければいけないのでしょう。

 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/seikatsuhogo/seikatsu-fukushi-shikin2.html

 

ただ、このブログの趣旨から、

働き方に対する考え方の

面からも問題が炙り出されるされるような気がします。

 

今回引き合いに出された方々は、

全く働く意思のない、ホントに自堕落だった方々ではありません。

 

真面目に一生懸命働き続けた人たちばかりです。

 

親の面倒を見たいといった、

些細なことから崩壊へとつながっていっています。

 

各人が真面目に働いても、

先に述べたような老後が待っています。

個人の責任ばかりに押し付けられません。

 

番組内でも解説されているように、

非正規雇用がどんどん増加し、

労働一辺倒では、厳しくなるのが目に見えてるのです。

 

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000046231.html

4働き方を考える3(厚生労働省のHPから:非正規労働者数の推移)

 

今、正規雇用のあなただって、

決して安心できるものではありません。

 

この特集でも最初から提唱していますが、

この国では、個人個人のレベルで、

労働集約型一辺倒の働き方から、

少しでも資本構築型の収入導入を考えるための施策を

一刻も早く導入しなくてはいけないのではないでしょうか。

 

そして、これは個人個人の考え方の変革に

取り掛かるべきことを意味するのでしょう。

 

それにはやはり教育が大事でしょう。

サラリーマン大量育成型の現在の教育は、

漂流老人育成まっしぐらのシステムのような

気がしてなりません。

 

国が都合の良い国民を育てるため、

あえてそうしてる、という話も巷では溢れていますが、

ほっといたら共倒れなことは、

もうわかっているのではないでしょうか。

 

あの著名な金持ち父さんで言われているようなことが、

ある程度基礎的教育として、

位置づけられるべきということになります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

あと、少し話のレベル感は違いますが、

こういった考え方の偏りが、

国全体が豊かになれない実態を

招いているのではないでしょうか。

 

個人の教育のレベルと、

国富の関係はあまり唱えられていないようですが、

関係があるような気がしてなりません。

 

仕事柄、欧米人との関わりはあるのですが、

(弁護士などエリート層が多いのもあるでしょうが)

少なくとも欧米諸国の国民は、一歩も二歩も先を行っていることが、

なんとなくわかります。

主に投資からくるものでしょうが、余裕を感じるのです。

 

この領域に関しては、

日本人より中国人の方が間違いなく上手でしょう。

 

実際、投資の技術も欧米と日本では大人と赤子のような

差がありますからね。

日本の銀行の金融投資能力など屁みたいなものですし、

こういった状況に付け込んでる(主に投資系の)詐欺師達の

ネット上での横行ぶり、

こんなの先進国では日本だけじゃないでしょうか。

 

こういったことを書いてたらまた燃えてきましたね。

自分のブログが新しい働き方の導入に、

少しでも寄与できたらと・・・。

 

なお、投資系のおすすめ案件については、

近いうちにこちらのブログでも紹介させて

いただく予定ですので、楽しみにお待ちくださいね。

 

 

 

サブコンテンツ

訪問ありがとうございます

訪問の際にポチッと押して頂けると大変ありがたいです。
↓  ↓  ↓


アフィリエイト





#HANDLE#
いつもありがとうございます!
後で訪問させていただきます。

管理人

名前:バルーン

プロフィール

本業の方で国家資格、いわゆる“士業”の資格を有しておりますが、それに飽きたらず、複数の収入源獲得を目指すため、ネットビジネスを志しました。
従前は、サイト名「辛口! 情報商材判定士」で情報商材業界に溢れる詐欺的な商材を糾弾しておりましたが、類似の活動をする方も増え、あえてこちらのサイトで行う必要も薄まり、今後は、皆様が自立生活していけるだけの稼ぎネタを積極的に提案していくサイトにすることとしました。
今後は自立生活に向けて驀進するために有用な情報を提供していきます。
要望する方には、ネット上のみならず、直接対面でお話しさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ