Tokkyo Walker

TokkyoWalker1

 

こんにちは、バルーンです。

情報商材業界にはびこる詐欺師達を撲滅するため、

日々格闘しています。

 

今回は、趣を変えて、お役立ち情報をお送りしたいと思います。

 

こちらの記事で述べておりますが、

私の専門は知的財産、主に特許を扱っています。

 

働き方について考える ~士業に意識改革が求められる~

 

付き合いのある行政庁は当然特許庁になるわけですが、

この特許庁が面白い雑誌を発行していますので、おしらせします。

 

Tokkyo Walker

 

特許庁のこちらのHPで無料で見れますよ。

 

http://www.jpo.go.jp/oshirase/kouhou/tokkyo_walker.htm

 

特許庁自ら、パクリか?!

と勘違いしそうなタイトルですよね(笑)。

でも考えた人はなかなかのセンスです。

行政庁のやる仕事じゃありません。

 

Tokkyo Walker  ⇔  Tokyo Walker

特許ウォーカー ⇔  東京ウォーカー

 

責任編集が東京ウォーカーですから、

当然了承済みというか、共同制作ですね。

 

TokkyoW_logo

 

こちらのブログを拝見されている方には、

知的財産はあまり縁がないと思われる方も多いかもしれません。

 

ただ、知的財産は特許のみならず、

意匠、商標も含みますし、

それこそウェブのデザインなどは、意匠に絡んでくる

部分もありそうです。

 

また、このブログで紹介する情報商材では、

いろんなツールといわれるものが存在するわけです。

全く新しいビジネスという触れ込みも多いわけです。

 

それこそ嘘ばっかりなんで、

まず本当に新しいものなんてありません。

 

ただ、本当に新規なら、特許をとれる可能性だって

あるわけなんです(特許法で新規性といいます)。

 

うっそーと思わる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、少し前ビジネスモデル特許というのが流行りました。

 

ビジネスモデル特許

 

それこそ、せどりの検索ツールなども特許になり得ます。

 

私の研究不足のため、

この業界でどれだけの方が特許出願してるのかわかりませんが。

もちろん、新規なものでなくてはいけませんので、

詐欺商材のツールはほとんど駄目でしょう。

 

言い換えると、

全然儲からないツールであっても、

新規であれば特許をとれる可能性はあるわけです。

 

そのうち「特許取得済み」、「特許出願中」とか

言い出す詐欺師も出てくるのではないかと、

懸念しています。

 

実際は特許1件とるのに100万円近くの

費用がかかったりするので、

あまり出てこないようにも思えますが、

覚えておいた方が良いですよ。

 

今回紹介のTokkyo Walkerに戻ります。

 

こちらは東京ウォーカーのスタッフが責任編集ということですから、

かなりスタイリッシュな作りになっています。

行政庁の出してる出版物で、

このレベルのものはちょっと他にないんではないでしょうか。

 

特許庁の特殊性というか、

結局お金持ってるんでしょってことでしょうか。

どこの国も特許庁はお金持ちなんですよ。

誰もが知ってる大企業がお金払って出願してますからね。

 

内容的には、特許、実用新案、意匠、商標が

バランスよくまとめられており、

法律のような堅い話はなしで、

ゆるキャラの特集なんかも組まれています。

「さのまる音頭」はしらなかったけど、

それを歌ってるのがあのダイヤモンド☆ユカイとは、

もっとビックリ・・・。

 

 

特許、実用新案、意匠、商標のように、

あらゆる角度から、自分が創作したものを守る、という観点は、

皆様のビジネスに応用できると思いますし、

それこそ、自分の運用しているサイトや

ブログ、ネットショップのブランド化にも

役立ちそうです。

 

尚、角川書店は、東京ウォーカー、関西ウォーカー、

東海ウォーカー・・・などの、○○ウォーカーの雑誌、

ネットではウォーカープラスを展開しています。

 

http://www.walkerplus.com/

 

もちろん一連の○○ウォーカーは商標登録されてます。

 

ですので、○○Walkerというタイトルは、

商品、特に書籍などに使ってはまずいのでは、

とも思えそうですが、

実は使用しても問題なさそうな判例が出ています。

 

http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20090413/1241341087

 

東京ウォーカーに乗っかるのもなんですが、

パクリではない限度で、

他人の商標やアイデアからヒントを得るのも重要です。

中国企業が知的財産や産業スパイの関連でたたかれてますが、

これは日本も通ってきた道ですからね。

 

もし、自身のビジネス絡みで、

新しいアイデアやデザインを創作した場合は、

ちょっと考えて安易に公表しないでください。

公表したとたん、原則的には上でいう新規性が破れて、

特許などは取れなくなる可能性が高いです(商標は別)。

 

一般的な話でよければ、相談には乗りますので、

何かありましたらご連絡ください。

 

サブコンテンツ

訪問ありがとうございます

訪問の際にポチッと押して頂けると大変ありがたいです。
↓  ↓  ↓


アフィリエイト





#HANDLE#
いつもありがとうございます!
後で訪問させていただきます。

管理人

名前:バルーン

プロフィール

本業の方で国家資格、いわゆる“士業”の資格を有しておりますが、それに飽きたらず、複数の収入源獲得を目指すため、ネットビジネスを志しました。
これまで数々の詐欺情報に騙され、ネットビジネスを放棄しかけましたが、何とか軌道に乗せることができました。
この経験を活かし、ネット業界の士業として“情報商材判定士”を名乗り活動しています。
情報商材業界は詐欺的な商材が溢れかえっています。そんな腐った業界の健全化を図るため、辛口批評で詐欺的な商材を一掃し、真に志のある方を応援するサイトです。経験から、情報商材の目利きには自信があります
将来的には資格スキルにネットビジネスと投資要素を組み合わせた新しいタイプの事業を展開したいと思っています。ブログを拝見してくださる方とも是非ともコラボしたいですね。

相互リンク

このページの先頭へ