働き方について考える ~成功した者たちの責任~

働き方について考える5-10

 

こんにちは、バルーンです。

情報商材業界にはびこる詐欺師達を撲滅するため、

日々格闘しています。

 

しばらくこのシリーズについての記事をアップしてませんでしたが、

そうこうするうちに、またまたNHKスペシャルの雇用激変と、

老後危機のシリーズと、タイミングが合致してしまいました。

これで3回目か?って感じです。

 

わざとではないんですが、完全にシンクロしてしまってます。

 

NHKスペシャルは最近このシリーズが多いんですかね。

ホント、暗いとか、厳しいとかその手の話ばっかりです。

 

#雇用激変

 

まあ、よく感がると昔からこの手のシリーズでは、

将来ヤバイ、ヤバイなんて言ってきたわけです。

それこそ、「今の若者は」とか、「昔はよかった」の

類の話もしれません。

 

そういうわけで、あまり悲観的な見方を煽るような

論調には距離を置くのもありかもしれません。

特に私が常日頃言っているような、ネットに暗躍する詐欺師達の煽りです。

ある程度ご存知の方はわかりますよね。

 

「1日○○しただけで○○万円稼ぎました!

この副業をやらない理由がありません!」

 

「これからの日本の企業では雇用の保証はなく、

リストラ、賃金低下、等々、雇用環境は悪化するばかりです。

今すぐこの手法で儲けてください!」

 

今回は後者の方ですね。

 

働き方を考える5-1

 

そうは言っても、危機の兆候を全く無視するわけにはいきません。

NHKのこのスペシャルでは、普段はなかなか意識して見ない

各種マクロ統計などを紹介してくれるので、参考になります。

 

いきなり、iPS細胞で有名な山中教授のコメントです。

研究の要となる京都大学iPS細胞研究所の

ほとんどの研究者が1~2年の有期雇用、

というのには私も驚きました。

 

https://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/index.html

 

研究って普通長いスパンで見てやるもんじゃないですか。

当然雇用の安定とか重要だと思うんですが、

そんな所(そんな所だからかもしれませんが)でさえこんな状況です。

研究者の待遇の悪さは昔から言われていますけど。

 

http://scienceinjapan.org/topics/20130501a.html

 

非正規労働者の増加は前回の記事でもお伝えましたが、

こんな風にあらゆる分野に及んでいます。

 

4働き方を考える3

 

それとともに、正社員に長時間残業、休日出勤などの

過労自殺などが増えています。

また、この二極化で、中間層の崩壊が進むのだそうです。

年収300万円以上の層が減少し、それ以下の層が

増加しているんですね。一体何なんでしょう。。。

 

働き方について考える5-5

 

たしかに昨今、世間で言われているような景気の

上向きについて、その実感を得ている方は

多くないのではないでしょうか。私たちの業界もほとんどそうです。

 

もちろん国としても、完全に手をこまねいているわけではなく、

色々な対策案を出しています。

 

例えば、中間層への+100万円の配分、

住宅補助の充実化、教育を含む子育て支援、等です。

 

働き方について考える5-2

 

働き方について考える5-3

 

働き方について考える5-4

 

 

これらはこれで、必要なことかもしれません。

特に子育て支援は、教育費の高騰が明らかな以上、

重要なことでしょう。

 

ただ、国の財政も厳しい中、こういった政策を行う

自由度も限定されてきてます。

社会保障の抑制が問題になっている中、

問題が解決に至るまでこういった政策を十分導入できるとは、

とても思えません。

 

こういった議論を見ると、やはり国の政策というのは限界があって、

やはり個人がもう少し、自発的に自立の道を探ることに、

意識を持っていくべきではないかと思います。

 

今回の番組の中でも、個人が強い生き方をしていくことも必要、

と強調されていた方がいらっしゃいましたが、

簡単に流されてしまいました。

ここは何か意図があったのでしょうか。

強者の立場を強調しすぎるといいけない、

という配慮だったのでしょうか。

 

働き方について考える5-6

 

こういった立場も踏まえて、やはり我々が考えなければいけないのは、

確かに、個人が強くなって独立独歩で生きていくようになる、

ということはもっと強調されるべきかもしれません。

日本はなんだかんだ言いながら恵まれた環境にありますから。

 

とは言いつつも、そういう環境にいて、

いきなり自立しろなんて言われても難しいでしょう。

じわじわ悪化していっているにもかかわらず、

恵まれた環境にいるとなかなか自覚できす、

気づいたら手遅れというパターンも多いのではないでしょうか。

まさにゆでガエルですね。

 

働き方について考える5-7

 

それゆえに、今、サラリーマンをしながらも

ネット事業や投資で成功した方の経験が求められているのでは

ないでしょうか。

まさに次世代への責任です。

 

そういった方の経験が社会で認知され、

ひいては多くの人がリスクヘッジに成功して、

雇用危機の問題を解決する・・・。

公的なスクールなのか(職業訓練みたいなものではなく)、

期限付きの雇用なのか、

具体的な形はよくわかりませんが、

実体験を持った方による自立を促す方法の確立が、

一つの解決方法にも思えます。

 

働き方について考える5-8

 

残念なことに詐欺師たちばかりが目立ってしまっている今ですが、

こういった形で業界が発展していけば素晴らしいだと思うのですが、

ご意見のある方は是非お聞かせください。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

訪問ありがとうございます

訪問の際にポチッと押して頂けると大変ありがたいです。
↓  ↓  ↓


アフィリエイト





#HANDLE#
いつもありがとうございます!
後で訪問させていただきます。

管理人

名前:バルーン

プロフィール

本業の方で国家資格、いわゆる“士業”の資格を有しておりますが、それに飽きたらず、複数の収入源獲得を目指すため、ネットビジネスを志しました。
従前は、サイト名「辛口! 情報商材判定士」で情報商材業界に溢れる詐欺的な商材を糾弾しておりましたが、類似の活動をする方も増え、あえてこちらのサイトで行う必要も薄まり、今後は、皆様が自立生活していけるだけの稼ぎネタを積極的に提案していくサイトにすることとしました。
今後は自立生活に向けて驀進するために有用な情報を提供していきます。
要望する方には、ネット上のみならず、直接対面でお話しさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ